でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

初めまして、新入生の山田です。

今回は入部後、初の活動として機体の整備を行いました。
機体に直接触れるのは今回が初めてでしたので、最初の方は右往左往しながら頑張って先輩についていくので必死でした。
しかし、時間がたつにつれて少しずつ要領もつかめてきて、部員の皆さまとも少し仲良くなることができました。
夕方まで時間がかかると思ってませんでしたが、数年間洗っていなかった機体を一日中かけて洗うことでピカピカに仕上げることができました!!。一つ悲しいことと言えば貴重な日曜日が完全に消失したことですかね(笑)。でも航空部員として貴重な一歩を歩むことができたと思います。早く一人前になって自分でテキパキ行動できるようになりたいですね。
ということで初ブログなので短いかもしれませんが、中の人が忙しいこともあってこの辺りでお暇させていただきます。
これからもよろしくお願いします。
20180520185052aec.jpg
こんばんは、2回生の里内です。
私はこの土日は岐阜大学さんの合宿にお邪魔していました!

土曜日は朝は北向き発航で午後からは南向き発航という、THE木曽川な一日でした。
風待機などもなく、ほぼ全員が5〜6発飛べるという素晴らしい日でした。
訓練と同時にJA2299(通称にくきゅー)の耐空検査が行われており、そちらも無事に終わったようです。(耐検クルーの皆様、本当にお疲れ様でした!)
そして日曜日は昼前から雨が降ることは予想されていましたが、かなり雨脚が早く一日中訓練は中止となりました。

そしてなんとなんと!私里内はついにファーストソロに出ることができました!(^^)
ので、この先は私のファーストソロまでの色々や感想を書きたいと思います。なんだか長くなりそうです。

私は入学前から航空部に入部すると決めていて、スタートダッシュも早く、去年のGWから合宿に参加していました。去年のGW1週間合宿で15発飛び、秋に妻沼滑空場で行われるトレセンで18発飛び、もちろん阪大合宿には全て参加し、たまに外参もして、今年のGW合宿が始まる前には既に総発数は68発でした。

東海関西地区の大学の航空部では、ファーストソロは最低70発を超えてからという基準があります。言い換えれば、操縦がうまければ最低70発でファーストソロに出ることができます。なので、60発を超えてくるとみんなファーストソロに向けてそわそわし始めます。

GW合宿前に総発数は68発だったので、わたしもそわそわしていました。GWで絶対にソロに出る!も意気込んでいました。GW合宿では初日から、私がファーストソロに出るための発航順を組んでもらっていました。(木曽川滑空場では午前中は風が弱く上空も静穏でソロに出やすいので、ソロが近い人は午前中に多く飛びたいのです。)
毎日朝の1発目は私でした。それだけ阪大の先輩方も名大の先輩方も期待してくださっていたということだと思います。それでも結局私は7日間ソロに出ることができませんでした。その理由の大部分は着陸が下手なことでした。

例えば上空で右旋回がうまくいかなかったら、すぐに反省を踏まえて何回か右旋回の練習をすることができます。だから旋回は誰でもすぐに上達すると思います。でも離着陸は、5分のバッタフライトでも1時間の滞空フライトでも、1回ずつしか練習できません。反省をすぐに生かすことができません。70発ぴったりでソロに出れるとして、70回しか練習できないし、ましてや最初のうちは離着陸は教官がしてくださるので、50回くらいしか練習できません。
特に私の場合は、自分で最初から最後まで着陸をしたのは60発を超えたあたりからで、本当に着陸が下手くそでした。ソロに出た今でも下手くそです。
だから、特に離着陸は1回1回を大事に飛ぶことが本当に大切だと感じました。

着陸がうまく決まらなかったので、7日間ソロで飛ぶことはできなかったし、本当に悔しかったです。あと着陸だけなのに…!と何度もランウェイで泣いたような気もします。
ソロには出れなかったにせよ、せっかくGWで22発も飛ばせていただいて少しは操縦がうまくなったのに、またしばらく飛ばずに技量が落ちてしまうのはもったいないと感じ、急遽この土日の岐阜大合宿に参加させていただくことにしました。

そして昨日の朝、ソロチェックは2発ともまあまあな着陸を決め、ファーストソロに出させていただきました!
ソロ前のダミーブレイクでは、テンパってしまい場周コールを入れ忘れるなどし、ダメかな〜と思いながら降りました。すると、ソロいってこい!と言われ、まじか!という感じだったので、飛ぶ前は心臓がバックバクで、ただただ生きて帰ってきたいと思いました。でもいざ飛ぶと一人で空を飛んでいることがとても嬉しく、本当に楽しかったです。(正直これで部活を辞めてもいいやとまで思いました。)着陸もショートではありましたが、まあまあな感じで、無事ファーストソロを終えました。
201805132220485d8.jpeg
出発前のサムアップ(緊張してるぅ〜)

20180513222252db3.jpeg
あひるちゃんの背中。やっぱりかわいい。

201805132219302c2.jpeg
着陸後恒例の集合写真(念願のこの写真を撮っていただけて、本当に嬉しかったです!)

その後も数発飛ばせていただき、セカンドソロにも出ることができましたが、その着陸は見事に最低な着陸で、これまた部活を辞めたいと思いました。

やはり着陸はこれからの大きな課題です。もっと着陸の精度を上げないと、次のソロには出られません。ひたすら着陸だけ練習できたらいいのになあ…

と中途半端ですが、この辺りでブログを締めたいと思います。とてつもなく長くなりました。
これからもっともっと操縦技術を磨いて、全国大会に出場して結果を残すという目標を達成しようと思います!!!

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!それではまた!
はじめまして、一回生の渡谷(わたりや)です。

入部した理由は大学から何か新しいことをはじめてみたいと思っていて、色んな新歓を回った中航空部の体験搭乗で乗ってみていいなと思ったからです。自分で操縦して空を飛べるってのが魅力的だと思いました。

合宿5日目は予報通り天候が悪く 風も強くなってきたので午前で撤収となりました。
12発ほどしか飛ばせませんでした。
午後は阪大生らで「むねちゃん」でラーメン食べました
合宿中お腹を空かせていた僕にとって最高でした笑


自分のフライトについて書こうと思います。
5日目で総発数14となりました。
このフライト数を5回分経験したらもう初ソロと考えると驚きです!
合宿1日目はエルロン エレベーター ラダーという用語すらあやふやで、搭乗準備にもたもたしていましたが今ではスムーズに準備出来るようになりました。
直線は卒業し、蛇行や旋回の精度をあげたり地上滑走時のラダーの使い方など教わりました。
また、ソアリングを経験しグライダー本来の楽しさを味わいました。航空部に入部して良かったと思いました。😊
離陸から着陸までのイメージはなんとなく理解できた感じです。
一発一発大事にしながら合宿に積極的に参加して発数も増やし技術を上げていきたいです。

これからもよろしくお願いします🤲
はじめて、新入生の山本です。4日目ということでそろそろ合宿の生活に慣れてきた頃です。この日も天気に恵まれましたが暑さもさることながら、昨日までいてくださった名大の上回生がごっそりと減ったのでRWでの仕事がなかなかしんどかったです。

この日は体験搭乗で阪大から二人きてくれました!入ってくれるとうれしいです(笑)
20180504215245fbd.jpg

僕も半月前に体験搭乗に来たのをおもいだします。正直その時はあんまり入部するつもりはなかったのですが、乗ったら気変わりしました(笑)

あと、この日は合宿所に珍客が
20180504215312fbc.jpg

午前の宿当さんが掃除中に発見!木曽川の自然の豊かさがうかがえます。

個人的にはこのGW合宿でたくさん飛ばせてもらったのでありがたかったです。
はじめまして、1回生佐藤です。
諸事情により今回は写真が掲載できませんがご了承ください。


体験搭乗をせずに入部を決めたので今合宿で初フライトをした佐藤ですが、3日目ともなると総発数が7にまでのぼり、少しずつですがフライトのイメージがついてきたように感じます。まだまだ直線ですら怪しいですが、今はグライダーにのるのが楽しくて楽しくてしょうがないです!自分で言うのもなんですが、余程気に入ってしまった様で、昨日の夜は夢の中でもフライトしてしまいました!(笑)


さて、合宿3日目を迎えた本日は、今回が初合宿となる私たち1回生にとってとても喜ばしいことがありました!MTG後の谷垣教官による学科です!!木曽川特殊ルール含む滑空場の基礎知識と、離陸時の体制のとり方などなど、様々な知識を教えていただきました。事前に学校でも少し先輩方から教えていただいていましたが、実際に3日間飛んでみた後にもう一度聞くとよりイメージが鮮明かつ具体的になり、とても理解しやすかったです。面白おかしく盛り上げつつ丁寧に漏れなく教えていただいたおかげで、次回から飛行時に自分が何をすべきなのかがわかり、大変身になる充実した時間となりました。ありがとうございました!


この合宿から、1回生の本格的な部活動生活が始まります。明日からも、楽しいフライト人生を紡いでいきます!暑さに負けず、頑張ります!!