FC2ブログ

でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

3年の山本です。


10/24-10/26,10/30-11/1に大野滑空場で行われた東海関西記録会について報告します。

例年この時期には東海関西競技会が行われているのですが、今年はコロナの影響で十分な訓練できなかったり、自家用受験ができなかったりと、東海関西競技会を開催できる状況になかったので、参加資格を初ソロまで引き下げた記録会という形で開催されました。


訓練には、阪大から7人ほど参加し、記録会には山本が参加しました。




記録会の方とは少し離れますが、1年の滿田が有志を募り、ずっと欲しかったけど買えてなかったGo Proを皆で買いました!

20201105102832718.jpg

初期上昇


202011051029426e1.jpg

離脱~


20201105102957ca2.jpg

第4旋回


フライトの様子が良く分かり、後から何度も見返せるので、これからの訓練で大活躍しそうです!





また、記録会の方ですが、全日天気に恵まれ、10/30は5人周回するビックデーとなりました。

僕も30日に周回することができました!

その30日のフライトについて詳しく書きたいと思います。



この日は朝から周回フライトが出ていましたが、僕の発航順の前のフライトしばらくバッタが続いていました。
いざ飛んでみて離脱が500mまでとれたのでとりあえず東に伸ばしてみると、小学校の北に±0の弱いサーマルがあり、とりあえずそこで粘っていました。他の機体がいたので、セパレーションをとろうと北へ伸ばすと、+2m/sのサーマルにヒット!
このサーマルで700メートルまで上がりました。しかし、風に流されて小学校に被りそうだったので、風上へ伸ばそうと、北西へ向けて飛んだのですが、段々プラスから外れていきました。
プラスのラインから外れたと思い、北西から北へとヘディングを変えると、+3m/sのサーマルにヒット!みるみるうちに高度が上がっていきました。900mの所でぼちぼちブレイクしようと考えたのですが、上に行けば行くほど上がりがよかったのでそのまま上限高度ギリギリの1100mまで上がりました。
そこからすぐに第2旋回点をクリアし、第2旋回点へと向かっていたのですが、なんせ沈下が少なかったので、高度にかなりの余裕があり、そのまま第2旋回点を回ってこれました。結局フィニッシュ高度は700m!
結果論ですが、もう少し速度を出しておけば良かったです笑

202011051140032eb.jpg

ゴール手前、140km/hでも沈下0m/s




202011051140340b1.jpg

後からログを見返すと第1旋回点へ行く前に風に流されていたり、ずいぶん旋回点を大回りしたりと色々気づきました。
その中でも大きな発見だったのが、上空へ上がるにつれて北西から北東に風向が変わっていたことです。


20201105113517c0d.jpg

高度別に色分け(緑が低高度、青が高高度)

途中、北西へ伸ばしてプラスのラインから外れたのは、上空の風は北から吹いてたからだと分かりました。


20201105113530e98.jpg

ここでヘディングを北西から北へ変えた


最近、ソアリングエンジンで上空へ上がるにつれて時計回りに風向が変わるという内容を読んでいたのでそれが身をもって実感できました!




結局、その日以降はソアリングデーが来ず、このフライトで記録会ながらも、個人3位という結果となりました!嬉しかったです!

20201105114113626.jpg


2回生の川勝です。

9/19-22に行われた阪神合宿の後半(21,22日)について書きます。

21日はウインチが不調だったこと、また横風が強かったことで総発数は17発でした。
今合宿中、京大生はコロナ対策の影響で3時間という制限付きで参加していましたが、京大生は1発飛ぶどころか、グライダーが飛んでいるところすら見られないという状況でした。あゝ

1回生が多かった今合宿ですが、フライトができない間、上回生とともにグライダーの周りをまわって機外点検の手順を覚えていたり、索付けの仕方を学んでいたりと各々時間をちゃんと有効に使えていたのではないかなと思います。私もまがりなりにも上回生として、もっと勉強したり、後輩に教えたりできるようにならなくてはと実感しました。

22日の総発数は36発でした。3回生の山本先輩がソロで39分の滞空をされていました

訓練の終盤は横風が強くなっていたのですが、学科で言葉だけ知っていたけれどなんとなくイメージがわかなかった知識(「偏流をとる」だったり「ウイングロー」だったり)が身をもって体感できました。

もっと知識をつけることと、実際に操縦したり体験したりすることを何度も繰り返すことでグライダーの操縦はうまくなっていくんだろうなと痛感した合宿でした。

コロナ禍で実際のフライトが満足にできなくても、まだまだできることはあるはずなので、この期間を徒爾にしてしまわないよう精進していこうと思います。
324007.jpg
1回生の武藤です。

9月19日〜22日で大野で合宿が開催されています。阪大からは計13人が参加しています。

航空部に入部してから初めての大野合宿で、ウインチ曳航も初めての経験でした。

他大学との合宿も初めての経験で、より多くの人と交流ができ、良い刺激になっています。

ウインチ曳航の加速感や上昇にはとてもワクワクしました。ランウェイワークなどもATとは異なる部分も多く、仕事が遅く、先輩や教官の方々に迷惑をたくさんかけてしまいました。毎日精一杯活動し、早く一人前になれるように勉強していきたいです。

1日に一人あたり2〜3発飛ぶことができています。飛行経験もたくさん積めるので操縦技術の向上にも努めていきたいです。


20200920214331e24.jpg


20200920214320c9a.jpg
1回生の滿田です。

9/12~16で木曽川で開催された強化合宿に、阪大からは計5人、自分は12.13で参加しました。

自分としては初のウインチ曳航で、想像以上の加速度感、一気に上空まで昇る爽快感は日常生活では得がたいものがあり、興奮しました。
自分は木曽川滑空場も、多大との合宿も、機体の組みばらし等も初めてで、教官と先輩方からたくさんの指導を頂き非常に有意義な2日間になりました。
また、自分はいなかったのですが、合宿の後半で阪大の石岡さんを含む数人がファーストソロに出たときいて、自分も早く出たい、と強く思いました。

202009181838285d5.jpg


20200918183841e09.jpg

はじめまして、1回生の武藤です。

今日は月末福井合宿の最終日でした。

午前中はピュアグライダーを8回と体験搭乗を含めたモーターグライダーでのフライトを3回行いました。

午後から雲が多くなり、北風も強まったのでピュアグライダーでのフライトは行わず、モーターグライダーを4発回しました。

毎回の合宿で操縦方法や、機体の点検方法、ランウェイワークなど学ぶことがとても多いのでひとつひとつをしっかりと覚え、習得していきたいと思います。

帰りに山崎教官に1回生は操縦が上手いとお褒めいただき、嬉しかったです。今後、飛行経験をより多く積み、一層上手くなれるように努力していきたいと思います。

20200831192713157.jpg


20200831192722281.jpg