でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

まだまだ条件が渋いなぁ~
浅井です。

今日から東海関西競技会が始まりました!

10時から開会式のために、学生たちは開会式の準備をして来賓の方々を待ちました。やっぱり上回生が多いので、どの準備も段取りが良くすぐに終わっていきます。機体組むのも速い速い。あっというまで組み終わります。係の人も余るぐらいいて、普段の合宿がこんなんやったらすごいなぁとおもったり。
無事に開会式も終わり、すぐに競技!と行きたいところでしたが、弱い南風(--;)ウェザブリの予報では競技時間中はずっと吹くということなので、南へピス交となりました。結局競技開始は11時すぎぐらいからとなりました。
南向きの場周は普段とは異なり、またランウェイも狭いので、21が2機、13が1機で教官同乗でのフライトとなります。

南風がそれほど強くないため、離脱高度も取れず、また条件も渋く、5分ぐらいで帰ってくるフライトが続きます。阪大の高田も俵原も1発目は粘ろうとするものの、プラスもあまりなかったようで、得点できずに帰ってきました。
しかし、空気も少しずつ動き始めて弱いサーマルが出始めます。そして1時半頃に京大の中西が10分以上飛び、滞空点として今大会初めての得点が出ました!

高田の2回目がその中西の2,3発後でした。これはと期待を込めて離陸を見守ります。
上昇できるサーマルはランウェイのすぐ西側にしかないらしく、中西と名大の守法さんかすでに同じサーマルで回っています。高度は600メートルと400メートル。
これは高田はどうするのだろうと思っていると、いったん高度を落として、250メートルでサーマルに入りました。地上ではおぉと驚きの声。
しかし、きっちりと他機との高度差を保ったまま粘ります。そうすると上にいる機体達も各々の方向へ散らばり始めると、高田がいいサーマルを見つけて少し上昇し始めました。
他の2機が着陸してくるなか、粘り16分のフライトとなり、阪大は6点を得ることが出来ました!!!\(^^)/
下で応援していて良かったです。
今回の得点フライトは高田と同じ時期に飛んだ3機のみで、阪大は現時点では2位となっています!
点数としては周回が出ると全然足しにならない小さなものですが、この悪い条件下でも得点出来ることは自信につながると思います。また条件が出たときにもつながるフライトとなったるものと思います。

では、僕は2日程大野から離脱しますが、大阪から明日明後日の健闘を祈りまーす。

↓開会式直前の様子。緊張しますね。


↓俵原に念を送る高田と僕。真ん中にちゃんと俵原が乗ってる21があります。。たぶん見えないと思いますが(^_^;)


↓優勝旗の前で今日の阪大チームの集合写真
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://ougchp.blog102.fc2.com/tb.php/496-e2095957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック