でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

2年榑林です。今回幸運にも、株式会社タカギが主催する試乗会に北九州までお呼びいただきました!

日頃からエアスポーツに親しむ端くれとして、このような機会をいただけたことは大変ありがたいことですし、何より、絶対楽しもう!という意気込みで人生で初の九州の土を踏みました。(新幹線でたったの2時間?!)



まず驚くのが格納庫。広い!高い!そして目の前!



そして中にはおなじみディモナと、そしてさらにその奥には双発機が!!!カッコよくて仕方ありません。やはりこのフォルムは素敵ですね



1日の始まりはミーティングから。阪大OBの谷垣さんに教えていただき、空港での注意、フライトプランの書き方や風の状態などを把握してからいざ出発!本日は風がかなり強かったので、双発機のフライトから始まりました!(昨日はディモナだったのでお待ちかねの双発機です!)



うちの白井と後席に搭乗しました。シートは快適、飛行は安定、縦横無尽に思う存分飛び回りました!関門海峡と歴史で有名な壇ノ浦、巌流島、玄界灘、工業地帯に果ては久住まで(?!)見ることができました。すごく地理的に豊かな地形が多く、地上の景色を楽しみました!フライトに関しても、機種ごとの場周幅やアプローチの違いをヘッドセットごしにお伺いするなど、とても有意義に過ごせました。パイロットの方々ありがとうございました



午後は風も少し治まりディモナの出番です。特に学生は視界が広いこちらがお気に入りのようで、お昼ご飯を食べた後早速離陸して小倉を目指したりTouch and Goを実演していただいたりしました!!特に印象深かったのが、グライダーでは速度一定が超基本の原則になっているのに対し、動力のあるものは高度一定が求められており、それに合わせて姿勢と回転数を合わせていました!

待ち時間の格納庫では写真撮影もしました!素敵な機体に大興奮です!





今回僕が感じたのは、夢を持つということがいかに大切かということです。高城社長や清水さんなど皆さんよく今後の夢について語っていらっしゃいました("零戦五機編隊を復活させて飛ばす"なんて聞いた日にはおったまげましたが笑)。社員皆さんがとても活き活きしていて、そのためにみんなで努力なさっていることを肌で感じました。
阪大航空部でもクロスカントリーなど常々夢について教官方からお話をしていただいておりましたが、実際に夢を持っている方々とお会いしてその大切さを考えさせられました。
今回来られなかった部員にも伝えていきたいです。

株式会社タカギの皆様、本当にありがとうございました!!!
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://ougchp.blog102.fc2.com/tb.php/494-00315d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック