でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

こんにちは!
佐藤です。

今日は先週土曜日に万博公園で行われたスチレン飛行機教室について報告します。

今回、我々航空部は万博公園で行われる紙飛行機教室の応援に行ってきました。
そしてそのついでにASK-23の展示やグライダーについてのミニ講義をしてきました。

まず当日は朝から万博公園に行き、参加者が来る前にASK-23を組みました。

万博公園にグライダーがあるのはとても新鮮でした(^^ )

そして万博公園がオープンし、ぞくぞくと参加者の皆さんがやってきました。

「うわぁヒコーキやでママ!でもこれ絶対にせものやん!」
とかいいながら近づいてくる子ども達に、
「これな、本物やで。飛ぶねんでー。」
などと解説をしながら搭乗させてあげると、子ども達は本当に喜んでくれました。

部員もいつもとは違う活動で本当に楽しそうでした。


ある程度参加者が集まりきったので、三回生の俵原さんがグライダーが空を飛ぶ仕組みをプレゼンしました。

「なんでではねないのにとぶんー?」(はねとはプロペラのことかなぁ?笑)
と僕に聞いてきた子も、プレゼンの後では、
「たこあげやろ!」
と何となくグライダーの事を分かってくれた?ようです!



そして飛行機教室がはじまりました。
スチレンでできた紙飛行機をつくり、ゴムを使ったカタパルトでのとばしかたを教えます。

うまく作れるかな?



うまく飛ばせるかな?





かなりしっかりした飛行機です。ちゃんとエルロンなども動かせるんですよ!



部員もはまっていますね笑

そして最後には滑空大会が行われ、優勝者には景品が配られました。
我々航空部はタイム計測係でしたので飛行機を見ながら、スチレン飛行機が本当によく飛ぶ事に驚いていました。

そしてお昼を食べた後、記念撮影をしてスチレン飛行機教室は終わりました。

解散後にもスチレン飛行機を飛ばしている子(大人もいました笑)がいたり、部員が機体をバラすところを「なんでこれついとんー?」などと質問しながらトレーラーにしまうまでついてきてくれる子がいて、嬉しかったです。

機会があれば、またこのような行事に参加させていただきたいです。

色々手配してくださった皆様、本当にありがとうございます。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://ougchp.blog102.fc2.com/tb.php/432-8e07db48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック