でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

「木曽川ピスト、336場周入ります。高度220m。」
「336場周220m了解。」
いつもの無線のやりとりの後、いつものチェックを済ませ、いつも通り着陸だ。

慌てるな、緊張するな!速度、軸線、パス角…

フレアー。

ふぅー。…ついにやった!!!
みんなの拍手が聞こえる!
やったぁ。やったぞ!!

……


どうも!佐藤翔一です。

8日間もあった合宿も今日でいよいよ最終日!
機材、会計、ウインチ、課目アップ…みんながそれぞれの課題を達成するために気合いを入れて臨んだ最終日でした。

僕はソロに出るという目標を達成するためにこの一週間頑張ってきました。前日に発数は70発になりましたが、風が強くてソロが見込める様子ではありませんでした。そしてこの日は風が弱く静穏な天気だったので僕にとっては勝負の日でした。

朝一発目には名大のK教官と同乗での訓練でした。緊張しても仕方ないからいつも通りのフライトをしたらいいよと言っていただいたおかげで、なんとかいつも通りのフライトができたと思います。課題であったフレアーも完璧ではないけれどだいぶん安定してきました。次は監督と乗ってねと言われたので、いつも通りのフライトをしようとだけ考えました。

そして二発目にはt監督と同乗での訓練です。いわゆるダミーブレイクで、高度280mで離脱しました。実は前日にもたまたま索切れをしてリカバリーの練習をできていたので、落ち着いてリカバリー&高度処理して着陸することができました。降りてきてアドバイスを頂いたあとに監督が、さぁ行こうか!と仰いました。一瞬意味が分かりませんでしたが、ついに単独飛行する時が来たと分かり、ものすごく嬉しかったです。

機体をNo.2にセットして頂いて監督と一緒に重量重心位置を確認しました。なんだ全然緊張しないじゃん!と思えていたのはキャノピーを閉めるまでで、キャノピーを閉めた途端に緊張感かおしよせました!
いやいや、実は今まで教官が全部操作してたんじゃないか?…
ちゃんと生きて帰ってこれるかなー?

自転車待機のおかげで一分くらいそんなことを考えていましたが、浅井先輩の変顔を思い出して緊張をほぐすことができました。(実は数日前に高田さんが、緊張したら浅井さんの変顔を思い出すんだよ。と浅井先輩の変顔動画をくれました笑)

そんなこんなで緊張もやわらぎ、無線を入れてから後は、今までと同じように気を付けるポイントに注意しながら飛ぼうと思えました。

離陸してからは複座のときよりも少しフワフワした感覚でしたが、すぐに慣れてきてフライトを楽しむことができました。
離脱して土手上位まで行くとプラスを感じました。バリオをみると+1!!
回るか?回らないか?と迷いましたが、迷っていて抜けちゃったらいやだなーと思い、すぐに左旋回!約三分ほどくるくる旋回し続けました。+1.5から+2くらいのサーマルでしたが、全周いれることはできずに0粘りみたいになってしまいました。

徐々に高度が下がってきたので、そろそろ帰ろうと思い、いつも通りのフライトで帰りました。着陸ではまた少し緊張しましたが、なんとか生きて下りることができました。

着陸すると、皆がよってくるのがわかりました。キャノピーを開けると自然に笑みがこぼれます。みんなが拍手で迎えてくれました。そして写真を撮りました!



この瞬間は人生の中でも忘れられない瞬間になると思います。
監督のところへ行くと、いつも通りアドバイスをしてもらえました。そして最後に「…まあとにかくおめでとう。」と言ってもらえました。すごく嬉しかったです。

これからも頑張って、セカンドサードとソロに出てはやいこと23乗りになりたいです。
そしてC賞までをまずは集めたいです。


今まで教えていただいた教官方、先輩方、同期のみんな。
それから何より、いつも支えてくれる両親と祖父母に感謝です。
本当にありがとうございます!
コメント

遅くなったけどおめでとう!
僕も何よりもは初ソロは鮮明に覚えてます!
ふんふわの感覚は正しくて、総重量が少なくなったことによって操縦の安定性とかも変わります!
最小沈下速度とかも変わるとか学科でやったかな?
ライセンスをとったところからがようやくスタートなので、まだまだ通過点!
これからも頑張ってね!
2015/05/16(土) 13:56:24 | URL | がき #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://ougchp.blog102.fc2.com/tb.php/430-05e0a1a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック