でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

こんばんは。一回の榑林です。

木曽川で新人戦が始まりましたね。二回の浅井さんと靖本さんには是非とも満足いくフライトができることを期待しています!

さて、先週の土曜日に山崎教官にお越しいただき、さらに二回の俵原さん主導の一週間にわたるASK-23(JA2256)の整備が始まりました。
正直整備というものがこんなに時間がかかるものだとは想像していなかったです(笑)

キャノピーを外し、小窓を外し、シートを外し、ギア類を外し、ラダーもラダーペダルも外し、とにかく外せるところは全部外した感じです。小さなネジまで含めたらいったい何百何千パーツになるのか想像もできず、本当に元に戻せるのかと不安になるほどでした。

毎日授業を終えて放課後に何人かで集まり、格納庫で各々できることをしていきました。(ちなみに僕は小窓のレールとキャノピー磨き、エルロンとの境目のテープ跡の掃除をしました。)

実際にシートを外して操縦系統の機構を見てみると、思った以上にシンプルな構造に驚きましたが、トリムがエレベーターの動きに連動する仕組みやブレーキの構造など普段知ることができないことが見て取ることができて勉強になりました!機体係養成はもちろん、係関係なく学べると思います。

今日は、本来明後日行おうと考えていた宙横広場での重量重心位置の測定などが台風のため怪しく、急遽明日執り行われることになったので一旦機体を元に戻してトレーラーに納め終了。久しぶりに格納庫が広くなりスッキリしました!


被っていた埃を軽く落としたアステアに乗る俵原さん(お疲れ様でしたー!)



先述したとおり明日も朝から作業があるので台風に追いつかれる前に頑張って終わらせます!
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://ougchp.blog102.fc2.com/tb.php/374-2d100309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック