でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

中村です。

秋です。
新人戦の季節です。

というわけで今年も始まりました新人戦、今回は阪大から2回藤山が参加しています。

この連休、澤村はリトマンとして、僕はそれに便乗してリト養成として大会にお邪魔してきました。
僕も澤村も新人戦には出てなかったので初めての新人戦(選手じゃないけど…)だったのですが、みんな楽しげですね。
1、2回生がわちゃわちゃいました。確か4、50人ぐらい?
それに対して3回以上は6人という少なさ…アウェー感半端ない
まぁどうせウインチ側に行くからいいんだけどね。
べっ…べつに下回生達と交流したいなんて(ry

まぁ結論を申し上げますと、若いっていいな、ってことです。

さて、新人戦の流れをささっと書きます
初日に木曽川に慣れていない他支部の選手が1発ずつ練習フライト
その後、競技に移ります。
競技は参加している全ての選手が同じ機体で1発ずつ飛んだ時点で1ラウンドが成立。最終的に成立した各ラウンドの点数を計算(合算?平均?)し、それが各選手の得点となります。
今回は21と13を1機ずつ用いているので、現在、21でのラウンドと13でのラウンドが並行して行われています。

↑これで合ってます…?>経験者のみなさん

まぁいいか。

しかしここまで書いてふと気付いたけど僕も澤村もウインチ側にいたからピスト側の様子あんまりわかんないんですよね…笑

でも、なんも見てなかったというわけではありませんよ。
僕がリトでピスト側に行くと機外点検をする藤山選手を発見
新人戦では次の搭乗者が機外点検を行います。
…ということは?

そう、次は我らがふじやまんのフライトです!

ウインチ側に戻って澤村にそれを伝えると、
"マジで?俺も行く!"と言って一緒にリトに乗り込んでピスト側へ。
着いたら、既に彼は若干緊張した様子でコックピットに座っていました。
そんな時にごちゃごちゃ言うのもあれなので、他の方法で応援しようと思って僕と澤村で策付け策出しを行いました。
きっとふじやまんも心強かったかと思います(知らんけど

そして間もなくふじやまんは空の人となりました。
フライトは全部は見てないんですが、リトから上昇を眺めて僕と澤村で上昇きれいやーん!って騒いでました。
それと、離脱、チェックの無線を聞く限りではかなり落ち着いて喋っていたのでまぁ大丈夫でしょう。
ふじやまん頑張ったな。


明日は恐らく全員が21、13それぞれで1発ずつフライトを終え、1、2ラウンド目が成立し、中間発表が行われるものと思われます。
楽しみー

では、藤山選手、明日からも頑張ってね◎




…しかし相変わらず長いな
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://ougchp.blog102.fc2.com/tb.php/126-97ee70a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック