FC2ブログ

でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

サーモスタットの交換に続いて、パジェロのハザードスイッチの修理です。

前から、夜中にハザードスイッチがどこにあるかわからないな~と思っていたのですが、単なる(?)球切れだったようです。
V45Wのハザードスイッチは、純正部品番号MB652291で、ディーラーに確認したところ、部品代2200円で工賃が900円(ともに税抜き)とのことでした。

みんカラなんかを眺めていると、「バラしてみたら電球があって取り替えたらなんとかなった!」という記事を散見したので便乗!
壊しちゃったら純正品買えば良いしね!

281793.jpg281794.jpg
ハザードスイッチを外して、バラしてみました。
スイッチ側面の爪を外してやると大きく3つの部品に分かれました。小さなバネ2つもあるので、外した勢いで飛んでいかないように気をつけないとどっかいきます。

281796.jpg281797.jpg
白い部品が電球です。
T3のムギ球かな?
赤いカバーがしてあったのに、はずそうとしてちぎっちゃいました。

交換するのは、最初同じような電球にしようと思ってましたが、せっかくなのでLED化してやろうと思い、日本橋でLEDと定電流ダイオード(CRD)を買ってきました。
CRDは、10mA,15mA,20mAの3つの在庫があるとのことでしたが、一緒に買うLEDが高輝度タイプで、15mAでも十分明るいよ!と言われたので、10mAにしました。明るすぎると目障りですからね…
電球ユニットの部分は、側面にカバーがしてあり光に指向性を持たせようとしてるように見えたので、指向性のある砲弾型ダイオードにして、ついでにもう一台(エスクード)のために広拡散ダイオードも買っておきました。
LED(30円)とCRD(60円)を2セットで180円!安い!二台修理しても、工賃にもならないなんて!!

281798.jpg
車両に取り付けた上でテスターで確認したところ、画像右側(部品内側)の端子が+とわかりましたので、参考にしながらダイオードとCRDを取り付けていきます。
左が、取り出したムギ球部品とLEDです。
ちなみに、テスターで向きを確認したついでに明るさを確認しようとしたら、失敗してLEDを直接12Vにつないでしまい、一瞬で砲弾型は死んでしまいました…
ですので、広拡散タイプを取り付けていきます。

281800.jpg
見ての通り、全然空間の余裕がないです。広拡散タイプは、砲弾型より更に1,2mm程度長いので更にしんどいんですよ…

試行錯誤したあげく、直接半田付けしました。かなり無理矢理です。
281802.jpg
がんばって詰め込みましたが、少しはみ出てしまいました。しかも傾いてるし…(広拡散タイプでよかった…)

これでは、最後嵌めるときに引っかかってしまいます。
281804.jpg
引っかかるところを無理矢理削ってはまるようにしてやりました。


281808.jpg
最後に、組み立てて点灯試験をして終了です。

テーマ:自動車の整備&修理 - ジャンル:車・バイク