FC2ブログ

でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

 1年生の大河内です。今回、僕は10月27日から28日にかけて木曽川宿舎で開催された東海・関西地区下半期の機体係講習会に参加しました。もともとラジオ養成で、最近はドライバーの養成も進めていたところでしたが、機体係が不足している現状に鑑み参加することにしました。講習会は基本的な工具の使い方や格納庫で作業をするときの注意点について教わることから始まり、ブレーキの整備や重量の計測を行いました。初めて目にする作業が多かったですが、機体の維持がいかに大変か身を以て知ることができました。また、夜には航空法に関する学科を行い、グライダーの運航に必要な書類や耐空検査について教わりました。2日目には、機体を格納庫の外に出して組みばらしの実習を行いました。僕は操縦系統を組みましたが、シャフトを落とさないように組むのが大変で、ダイブブレーキが開いたときは少しうれしかったです。午後にはJA230GCを格納庫まで運び、ASK21の特徴やASK13との違いについて教わりました。その後は安全線の張り方や割ピンの使い方に関する説明を受けたのち各自実習に入りましたが、思ったようにうまくいかずワイヤーがヨレヨレになってしまいました。
 講習会後は2日間で終わりましたが、この講習会を通じてグライダーを安全に運航することの大変さとそれに関わる一員としての責任の重大さを自覚しました。これから21係の養成として、合宿での機体の取り扱いに関わっていくことになりますが、3年生の6月までに認定が取れるようにしたいです。

安全線

組みばらし風景