でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

真夏の木曽川に体力が付いていかなくなった(--;)

お久しぶりです。M1の浅井です。

もう学内OBになってしまった僕ですが、380の耐空検査の担当者となりまして、この1週間合宿にちょこちょこと来てました!

今日はやっと整備を終えて耐空検査のフライトを行う日となりました!


今日の運航ですが、僕自信は午前中のみ訓練に参加しました。ひたすらに暑く干上がってしまいそうな気温でした。みんな分担しながら、頑張っていました。しかし、滞空はできず、バッタの多い1日になりました。

しかし、今回ピストの堀が2nd 3rdソロに出ることも出来、1年生の里内が一人立ちをしたりなど成果もあった一日でした!






↑ソロに出た堀と、一人立ちをした里内!
ふたりとも嬉しかったと思います。表情はこの写真だと良くわかりませんが(笑)

ではでは、僕の話に戻ります。今まで機体係が担当していて手伝いはしてきましたが、担当するのは初めてで不慣れなため、田中教官に助けてもらいながらなんとか耐空検査に持ち込めました。

で整備も終え、無事に耐空フライトを向かえます。失速等もなんなくこなし、着陸移って地滑!その地滑がブレーキが効かず、ロングになってしまいました。

僕が整備中に謝って操作したせいで、ブレーキフルートが出てしまったのが原因(--;)

整備は要らない仕事増やさないことが重要という言葉の重みを噛み締めながら、午後からは、復旧作業に勤しみます。なんとか復旧でき、書類も完成して今日無事に耐空検査を通ることが出来ました!

 

今まで、あまりやっていなかった作業などをするとが出来、グライダーの新たな1面を深く知ることが出来ました。

整備技術を向上させないと思いましたが、達成感のある耐空検査となりました!

まぁ来年も担当になるのは勘弁ですが(笑)




↑田中教官に根気よく教えてもらいながら作業。本当に助かりました。しかし、もっと整備に慣れなくては(--;)


↑一緒に通した高田と記念写真!
これで将来自分たちのグライダーを買っても耐空検査通せるかな!?