でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

滞空ばかり
浅井です。

本日は競技3日目となります。
前日から本日は上空との気温差が大きいため、条件が出るとの予想があり、まだ周回出来ていなかった阪大は逆転のチャンスだと望みました。

天候は予想通りで、海陸風の影響もあり10時までは弱い北風で、それが11時以降は南風になり、競技は南向き発航でスタートです。

1発目は僕が搭乗し、離脱すぐにサーマルが有ったので粘るもののまだトップが低く、15分弱で着陸。
12時になるに連れて徐々にサーマルトップが上がって行き、2発目は全大学が浮き始める状況になりました。意気込んで飛んだものの狙った雲が悪くプラスがつかめず、すぐに着陸。しかし、地上に機体が無かったので、すぐに3発目に向かいます。

3発目は離脱後すぐにプラスがあり、なんとか2サーマルで、3500feetまで上げ、第一旋回点、第二旋回点をクリア。しかしそこから第三旋回点までが遠かった(--;)
第二旋回点で2600ftあった高度がどんどん下がり1800ftまで落ちては2200ftまで上げ直すということ繰り返してました。なんとか1時間も粘り#
あと一歩のところまで近づくものの、最後にサーマルを繋げず、そのまま降りるということになりました。

その後高田がフライトするも、もうサーマルはしぼんでいて、なんとか20分滞空するもトップが1900ftで、回れず、本日は滞空点のみとなりました。その為順位は変わらず、5位のままでした。

京大や名大は周回をしていたので、とても悔しく、サーマルの上がりの遅さやプラスの繋げ方等もろもろの反省点が多いフライトとなってしまいました。

しかし、まだ競技は終わっていないので、諦めず、上位を目指して頑張っていこうと思います。

↓飛ぶ前の自分と2回生の玲亜


また、昨日、今日と七大戦応援イベントで、OBの方々が関宿に来ていただいており、激励の言葉や差し入れ等を頂きました。ありがとうございます。
↓OBの方の差し入れ、美味しく頂きました。


↓北海道から郵送でも差し入れが届きました!
北海道らしいものが一杯で、R/Wお菓子として大活躍です!