でも帳Digital

航空部に古くから伝わる“でも帳”を電子化してみました。

久々投稿、主将田中です。

長かった競技会も無事終わりました。
終わってみれば短く感じるものですね(笑)。

今年の競技会も渋い天候の日が多く、選手にとっては不完全燃焼感の残るものとなってしまいました。
8日間の競技日がありましたが、以下のような状況でした。
・1日目、雨天中止
・2日目、雨天中止
・3日目、条件よく周回者多数!
・4日目、少し条件でて得点者数名
・5日目、ばったフライトのみ。得点者なし
・6日目、ばったフライトのみ。得点者なし
・7日目、雨天中止
・8日目、ほんの少し条件でて得点者数名

得点者でたのは3日間だけでした。残念(>_<)

さて、阪大チームの結果発表に移りましょう!

団体は4位!個人は準優勝!、でした。\(^o^)/ワーイ
(6チームしかいなかったのは言わないお約束(笑))
団体優勝は今年も名古屋大学でしたね・・・
個人では、
優勝がH川さん(名古屋工業大学)
準優勝が僕←
3位がTさん(関西学院大学)
でした。
優勝トロフィー欲しかったです(ToT)

次は、全国優勝めざしましょう!!

これにて東海関西競技会閉会。


~今日の写真~

201711061253342a1.jpg
↑なかよし阪大チーム
(府大生?いや阪大クルーです!(笑))

20171106125336488.jpg
↑デイリートップをとった3人
僕は3日目にトップ(1000点!)をとり、板倉滑空場の体験搭乗券をゲットしました。D2見に行きたいな。
後の2人は長野滑空場と韮崎滑空場でした。


20171106125337c43.jpg
↑個人トップ3!


20171106125559242.jpg
↑阪大選手!


2017110612560070d.jpg
↑個人準優勝でもらったトロフィー!(^ω^)


20171106125339720.jpg
↑撤収時に並んだパジェロとランクル
顔は結構違う(笑)

お久しぶりになりますね。
3回の髙橋です。

東海関西競技会に参加して1週間以上、明日でついに最終日を迎えるわけですが(長かったような短かったような)、そもそも自家用受験について書いてなかった、、、
ので、まずその話をしようと思います。
私は8月の阪大大工府大合宿から試験日の29,30日まで木曽川宿舎に篭ってました。
大学の期末テスト直後で知識面は即席で積み上げた部分が多かったので、正直めちゃんこ焦ってました。しかし、自大合宿なので、いい雰囲気でリラックスして過ごせたこと、受験生が3人と少人数であったこともあり、宮地教官と松本(ゴーリー)教官が受験生の弱点について詳しく教えてくださったことなどがラッキーだったなぁと思います。
と言うわけで、受験生3人とも合格しました。よかったーー!



あっ、そうそう、東海関西の話を書かなくては。
競技会というだけあってピリピリしてるのかなぁって心配していたのですが、お馴染みの人ばかり集まるので杞憂でした。ノーコンテストや早期撤収も多かったので、むしろのんびりしてて楽しいです。
競技時間になるともちろん真剣になりますね。上回生の方々が周回する中、サーマルをつかみきれずにすぐ降りてきたときはヘタクソだと実感しました。
明日はビックデーになるという予報なので、なんとか点数取りたいです。



今日はノーコンテストで、最終日前夜のレセプションをしました。選手、クルー全員宿舎に集まってワイワイ。



KGチョイスのドーナツ。さすが、オシャレですね〜。インスタ映え!

明日も頑張るゾ!!(`_´)ゞ
こんばんは!1回生の里内です。
現在進行形で東海関西学生グライダー競技会が開催されています!
今回は5.6日目について書きたいと思います
まず私は5日目の朝に自宅から阪大豊中キャンパスへ。
するとそこにはなんと…!しばらく心肺停止状態で放置されていたパジェロ君が蘇生されていたではありませんか!!(阪大航空部の何でも職人こと山口さんのスゴ腕に圧倒的感謝!)
そして大野滑空場へ向けて出発しました。
私は高速道路での運転が下手くそすぎました…認定ドライバーへの道のりはまだまだ長いです…
でも久しぶりにパジェロを運転できて楽しかったです^ ^

そろそろ訓練の話を。
そんなわけで私は5日目の昼過ぎに大野滑空場に着いたので、ほぼ競技フライトは見れませんでした…
競技フライトの後のクルーフライトで1発飛ばせてもらいました。初めての大野でのフライトだったので、場周経路のポイントを先輩に教えていただいてから出発しゅっぱーつ!
第3旋回や第4旋回のポイントを確認するため、いつもよりも地上の景色を注意深く見ながらのフライトでした。とてもハッキリと地上の建物が見えて、こんなに低いところをいつも飛んでいるんだなあと驚いてしまいました。

6日目は朝のうちにピス交がありました。その後もなかなか条件が出なかったり風が強かったりで、待機時間が長かったです。そして総発数28発で撤収しました。

私は計6日間大野にいましたが、台風の影響もあったりで、あまり働かず飛べずの競技会となってしまいました。(総発数が多い日に限って大阪に戻っていました…悲しい…)
まだまだ競技会は続きます!阪大チームの応援をよろしくお願いします!
こんにちは、2回の田邉です。
最近、僕か岩本がブログを書いててなんだか新鮮味がなくてすいません。他の人もどんどん書いてくれ〜。

まぁそんなこんなで東海関西の話へ
28日から東海関西グライダー競技会が始まっています。初めて1部競技を見るのでワクワクしていたのですが、台風襲来。先週のタカギといい台風にとことに嫌われている阪大生。台風の影響でどしゃ降りの雨のため28日、29日は宿舎待機。30日は晴れてはいたものの風が強すぎて1発も飛ばすことなく撤収ということになりました。この3日間は、天候に恵まれず、残念でした。でも、低気圧が過ぎ去ったあとと言えば、、、高気圧の前面がやってきて条件ウハウハが期待できます!この予想通り31日は、絶好のソアリング日和でした。午前中は、綺麗な虹がでて、いい日になりそうな予感がしました。

練習フライトを終え、競技フライトを開始するやいなやどんどん滞空する選手が出てきました。4機ものグライダーが同時に自由に空を飛んでいるのは、圧巻でした。それと同時に4機空にいるということでセパレーションを取るのがめちゃくちゃ大変そうでした。サーマルから外れないようにしつつ、他機警戒をしなければならなく、無線を駆使してそれをこなす先輩達って凄いなと改めて思いました。そうこうしているうちに周回してきた人が出ました。初めての周回は残念ながら阪大ではなく名大でした。その後も何人か周回をしたのち、一時的に条件がしぼんでどんどん降りてきました。いよいよ我が主将、怜亜先輩のフライトが回ってきました。フライト前に「あの雲美味しそう、わんちゃんリダポンしそう」と言っていた怜亜先輩は、予想的中でその雲で高度を稼ぎ、その後セカンドサーマルにヒット。このサーマルがめちゃくちゃ強くてバリオが5m/sを振り切っていたらしくあっという間に高度1000mくらいまで上昇し、ワングライドで周回してきました!!さすが、怜亜先輩!なんとデイリー頂きましたー笑。
この調子で阪大がんばるぞー!!

怜亜先輩特集
こんにちは、2回の田邉です。
10月21日と22日に、浄水器メーカーのタカギの体験搭乗会に行ってきました。なんで浄水器メーカーに?と思ってる方もいると思いますが、タカギは社有機としてモーターグライダーと双発機を持っていたり、航空部のOBの方が就職したりと意外なご縁があるのです。ちなみに、もうすぐしたら陸単も仲間入りするらしいです笑。
モーターグライダーや双発機に乗れる機会はそうそうないので、めちゃくちゃ楽しみにしてたのですが、台風直撃の予報。自分の運の無さを嘆きたくすらなりました。どうなるのかとひやひやしながら移動しました。小倉駅に到着!小倉にもモノレールがあってそれが駅の中を突っ切ってて、SFチックで非常にかっこよかったです。


駅を出るとタカギの原さんが迎えに来てくださいました。そこから車で北九州空港へGO!
北九州空港に到着。どんよりとした雲、そして雨域が近づいてくる。


風も、視程もやばくなってきたので、急いで搭乗開始!今回乗ったのは福井空港でお馴染みのディモナです。身近ではあるものの曳航してる姿を見るだけで乗れないディモナに乗れるということでテンションあがりました!なんとか1周目が回ると同時に雨が降ってきてもうダメかなと思っていましたが、タカギの皆さんのご厚意で雨の合間を縫って飛ばして下さるということに!結局、全員回すために雨の中飛ばして下さいました。本当にありがとうございました。
雨で視程があまり良くないため誘導灯が点いてました。旅客機が離着陸するガチの空港での着陸は絶景でした!貴重な経験をさせて頂きました!

今回乗れなかった双発機の前で記念写真



この機体はハイテクでオートパイロットが付いてるそうです。計器もでっかいディスプレイが付いてて、僕らが乗ってるグライダーとは全然違いました。スイッチの数も桁違い。何が何だか全くわかりませんでしたー笑。シートもフッカフカで高級感溢れる内装で「凄い」の一言に尽きる。


この後、行きつけの焼き鳥屋さんで美味しいご飯をご馳走して下さいました。焼き鳥すごく美味しかったですし、とても楽しかったです。
台風の関係で土曜で解散となりましたが、至れり尽くせりとは、こういうことかと思うほど何から何までお世話して下さいました。
タカギの皆様、本当にありがとうございました。